2013/12/31

ティとの大晦日





年賀状印刷中。結局大晦日にやってるし。昨年はクリスマスには投函したンだけどな。余計なコトで毎週土日潰れてたから... そのまま朝4時に投函してきたヨ。








ロシアから届いた荷物。ティが早速チェック。














ズワイガニ肩、5㎏で送料込み7,980円。ロシアってことはほとんど北海道と同じ海域だしな。そりゃ、国内産の活きズワイが旨いけどさ、一杯18,000円はするでしょ。セコロジストなカニ部員としては親兄弟に配れて、それで自分たちもお腹いっぱい食べられていいじゃん、ってコトで。今回は味より量! 


5日前は明日になったら値段が倍になると言われて司令官が勢いで買った活き毛ガニをいただいた。脱走するくらい元気な毛ガニ。これはホントに旨かった♬  人間に食べさせてくれる命に感謝。




解凍してる間に ティと今年最後の散歩。当基地裏の保木薬師で今年一年の無病息災のお礼と、新年も引き続き守ってくれるようにお祈りして、裏手の薬師台公園へ。





遊ぼうよー!って。





階段をタカタカタカ、と...



















早く来なよー!w


こうしてる姿は大人だな。


でも、やっぱり表情も中身も仔犬時代のままだw


みんなー、来年もよろしくー!
って、もう明日か
( ,,>з<)



【追記】
ズワイガニ肩、かなり旨かった!ちょっとびっくり。全然アリだ。また頼もうっと。おっと、ダメダメ!

2013/12/28

カングー1、スタッドレス履いたよ















ヤフオクでスタッドレス·タイヤを安~く買ったのだが、どうせなら取り付けもセコロジストらしくローコストにせねば、と、検索検索... すると見つけたのがココ、持ち込み歓迎のTIRE FITTERだ。横浜市都筑区にある。GSやカー用品店だと他店で買ったタイヤの持込料@500円で、脱着+組み替え+バランス+バルブ交換+廃タイヤ引き取り代、4本合計で約12,000円。タイヤフィッターは持込無料だし、買ったタイヤをココに直送して作業日まで預かりOK。インターネット予約して平日なら同内容で6,000円、バルブ交換しなければ5,000円!差額で焼肉1回行けるよ。プラス1,000円で機材を積んだトラックで自宅まで来て作業してくれる。セコロジストには優しいシステムだー。


初めて履いたスタッドレス。これで寒冷地でも安心。

あ、チェーンも買っておかないとだ。




レンジより格段にモノが積めるカングー1。さすが商用車だ。あと3日経てば10年落ちだけど、ぜーんぜん快調♬



2013/12/21

年末なので


大掃除って訳じゃないけどいろいろ忙しい。 

カングー用にスタッドレスを買った。 生まれて初めてのスタッドレス。おフランス車なので無難にミシュランX-ICE3♬




外しておいたアルミ·ホイルに組み替えるから裏も表も洗剤でゴシゴシ。腰が痛ってぇー。


















クラシック·レンジローバーのルーカス製ヘッド·ライト·ユニットも清掃。反射鏡とレンズ全体にスポット染みが無数にあったので。他の方のブログで見た食器洗剤キュキュットで漬け置き1時間。流水で何度もすすいでから、バッテリー補充水でこれまた何度もシェイクしてやる。塩素が入っていない純水なので乾いた後に染みにならないそうだ。そう言われてみればそうかナ。天日でゆっくり乾燥させてから室内のファンヒーター前で徹底乾燥。キレイになったぞ。新品のようだ(v´∀`)ハ(´∀`v)















ふぅー。

2013/12/17

クラシック·レンジ、LED化プロジェクト終了♬



あらら、どうしましたか? クラシック·レンジ、最近いじることが無いのでじろじろ見てたらルーカス製ヘッド·ライトのレンズ越しにポジション·バルブがあることを発見!今まで点灯してなかったのはヒューズ切れ?それとも...
















グリルを外してヘッド·ライト·ユニットを外して確認すると。やっぱり。配線されてないじゃんか。推測すると、ドイツ仕様のこいつが新車でやってきた時にはポジション·バルブは付いてなかった。左側通行用のこのポジション·バルブ付きルーカス製ユニットに交換されたンだな。その時に作業したメカニックがポジション用の配線を新たに引く作業をしなかった、ということだろう。



仕方ないから(笑)、BA9Sソケットの電球色SMD LEDをebayで10個ゲット。残り8個はストック分。一生分だなw

 




こんなふうにセット。電球色のチップは黄身がかった色だ。青白い光を放つチップはもっと薄い色でこれとは見るからに違う。







サイド・ライトから電源を分岐させて新しく配線を引く。








高級感ある素敵な色だー。輝くって、このことだね。


向かって左がSMD LED、右がフィラメント·バルブ。フィラメントもまぁ明るいけど、SMD LEDはもっと明るい。感覚的に1.5倍くらいかな。見るからに(太陽で言うところの)黒点部分が少ないでしょ。ンで消費電力は1/5。しつこいねwww


今まではこんなふーに地味にサイド·ライトだけ。なんで今まで気づかなかったのかなぁ。ヘッド·ライトの中の小さなバルブが輝いてるのが俺は好きなんだナ。




こちらが伝統のフィラメント。











こっちがSMD LED。やや白に寄ってるが、すっきり潔い色だ。








とりあえず、クラシック·レンジローバー LED化プロジェクトはこれで一段落。ヘッド·ライトは車検の心配がないハロゲンのままで行くかな。



2013/12/07

ティ、元気っす。

中田動物病院で混合ワクチン接種完了。あと耳と目の炎症を診てもらったけど、たいしたことは無いって。お腹の触診と心音も問題なし。

もう半年経つけどたまにすごく痒がる。鼻っ面や瞼のあたりを絨毯や俺の太ももに擦りつけてカイカイカイ、と。リンデロンVG軟膏を塗ると治まるンだけどさ。なかなか根治しない。こまめに薬を塗ってやるかな。





それと、まだら難聴なのでたまに聴こえないンだ。もう11歳だから仕方ない。でも元気いっぱいだ。


診察終わったら遊びたいもんだからぐいぐい行く。当基地裏の保木薬師でいつものように無病息災をお祈りした。ココへの初詣ももうすぐだ。早いナぁ₍><₎...




今日はぽかぽかで気持ちイイね。

















2013/12/05

クラシック·レンジローバー、俺流LED化への道




これなーんだ? 

ヒント、あると大変便利なもの。ってゆーか、無いと困るモノ。






正解はG18·S25の口金をT10バルブに変換するプラグっす。クラシック·レンジローバーのサイド·ライトを電球色のLEDに変換したいんだけど、G18口金の電球色SMD LEDバルブってほとんど売って無いンだな。あってもバカ高い。T10ウェッジのバルブだとリーズナブルな価格で電球色がかろうじて売ってる。で、G18T10変換ってググったらこの商品を発見した訳さー。東京マッハ7ってゆートラック野郎御用達のショップ。楽天市場でお買い上げ。貴重だから2個余分に買っておいた。

















コレがこれまた貴重な電球色·色温度2700~3500Kの暖色SMD LEDだ。ソケット部はT10ウェッジね。SMD5050LEDを5発使用して明るさは80ルーメン。フィラメント電球₍12V5W)より断然明るくて消費電力はたった1W。ヤフオクでみつけた。


















こいつはフェストン型(枕型)のSMD LED。こっちもめったに売ってない電球色。41mmの方がレンジの室内灯用だ。36mmはカングー用に一緒に買った。パネルタイプでチップを多数使用してるのもあるけど明るすぎるのでこの程度がオシャレなのだ。

今回の主要部のLED化は、その①:省エネのため。修理とかで結構ドアやボンネットを開けっ放しにすることが多く、フィラメント電球だとバッテリーの負担がかかるかな、と、いつも気になってた。実際は大したことないんだろうけど、消費電力が1/5以下だと精神的に気楽じゃんw その②:照度アップのため。以上。旧車の雰囲気を壊さない程度にヤルのが俺の流儀。

んで、室内灯を交換してみた。ストック同様のゴールドの輝きはそのままだ。過度ではない程度に照度が増している。高級感溢れる雰囲気は損なわれていない。
実際はもうちょっと暖かい感じの色だよ。



さてこっちはG18→T10変換プラグをサイド·ライトのハウジングに挿したところ。








T10の電球色SMD LEDを取り付けて点灯してみた。もちろん向かって左がそれ。暖かい電球色でフィラメント電球よりもかなり明るい。向かって右は間違って買った色温度6000K。青みがかった白、青白いってやつだ。俺はさー、この安っぽい蛍光灯みたいな青白い色が大嫌いなんだ。なのに流通してるLEDの99%がこの青白さ。おかしいって絶対!みんな気付いてよ。なんでそれ買うかナ。特に旧車には4500Kまでだと思うぞ。この美的センスを問われる部分は譲れないところだ。



















ボンネット·ランプもT10電球色SMD LEDに交換。レンズ内にアルミホイル切って入れて半分を覆って集光するようにした。


↓これだけ明るければイイでしょ。






















さて、お次はインパネ周り。補助スイッチ·パネルのランプと時計が暗くていつも気になってた。ほら、こんなだよ。




















明るく写ってるけど、もっと暗くてかすれてる。












引っ張ると外れるマウンティング·プレート。

















プッシュ·ボタンの裏には小さなバルブが。









このバルブ、T5ウェッジだけどT10ウェッジと比較すると、こんなに小っちゃい!







んでT5 LEDウェッジのグリーンを20個ほど購入。メーター·パネル内のバルブ交換もいつかやろうと思ってさ。


かなり強烈な明かり。期待できるナ。











LEDの方がちょっと長くてスイッチの裏に密着して光がうまく拡散しなかったので、LEDを分解·改造して短くした。芸が細かいナ。自画自賛(●≧з≦)っ




ほら、もうバッチリやで!(なんで大阪弁w)


あとは時計だ。クラシック·レンジローバー定番の暗くて何時か読めない時計w 傷つけないように樹脂製のリムーバーを差し込むと中の板スプリングが押されて外れ、時計を手前に引き出せる。



取り出したバルブはBA7Sだ。








SMD LEDはヤフオクでゲット。これまた電球色を指定。










ストック同様の電球色のバルブを使わないと、この緑色のキャップを通した光が純正色にならないからな。













ヨシヨシ、だんだん明るくなってきたゾ。

ん?やっぱり時計の針が見えん!これじゃ何時かわからないままだ。




結局、時計のレストアみたいになってきた。。。

大丈夫か?






ぎゃーっ!!  は・針が折れた!!!

。・゚・(*ノД`*)・゚・。


長針が少し黒ずんでたから綺麗にしようとアセトン浸した綿棒で優しく触ったらポロっと...






気を確かに持て!と、自分に言い聞かせる。オールマイティな超強力接着剤、セメダイン·スーパーXさーん!出番ですー。

はみ出さないように少量だけ付けてと... 気がかりなのは接着剤がはみ出して抵抗になって時間を正確に刻めなくなること。大丈夫かな... (´ノω;`)



くっついた針をそっとシャフトに通す。マスキングしてから塗装してやった。短針が抜けなかったので組んだ状態で塗ることにした。




塗料はコレ。釣り具用の塗料。白い夜光塗料はもちろん短針と長針に。赤オレンジの蛍光塗料は秒針だ。

ちなみに、90%の人は夜光塗料と蛍光塗料の違いを判ってない。夜光塗料は自分で光るのだよ。トリチウムなど放射性物質を使ったものと蓄光のものがある。俺が持ってるベトナム戦争当時のハミルトン製の腕時計には放射線マークが入ってる↓。放射性物質なので日本では販売禁止だ。おっと、脱線したw

安全な蓄光塗料を塗ってレストア完成!

蓄光は真っ暗闇になると数分で光らなくなっちゃうから、気休めだけどさー。でも、実際の夜間走行では多少の明かりがあるから光を蓄えては発光を繰り返してこんな感じに見える。

あ、そうだ、針を修理したことでの時間遅れは一切なし!もともとクラシック·レンジの時計はほとんど狂わないのだよ。旧車の時計は随分と遅れるのが当たり前だったので気持ちイイ。

とりあえず、今回は全部成功♬

LED化への道はまだまだ続くが、ウィンカーとストップ·ランプはやらないよ。点灯·消灯のほわっとした感じは無くしたくないから。LEDは瞬間点灯·瞬間消灯で雰囲気台無しだからさ。