2013/10/26

クラシック·レンジ、パナール·ロッドのブッシュ交換





買っちゃった。12トンの油圧プレス機。アストロプロダクツのリーズナブルなやつ。自重50㎏くらいだからヨイショと自分で移動できる。高いのは100㎏以上あって動かせないからこれで充分。









どうして買ったかって?クラシックレンジローバーのパナール·ロッドのブッシュ交換用だ。もう出番はないだろうけどねー。ガレージのインテリアに成り下がるかもw でも、まぁいいや。





これが英国から届いたブッシュ一式。安くて品質の悪いのが多く出回っているから、一番高いウレタンブッシュにしてみた。純正が一番いいらしいけど、もう製造中止で、あっても高価。コレ、BEARMACH製だけどどうかな。ダメならまた交換すればいいや。手前は付属のモリブデン·グリス。





固く締まってるボルトを緩めて抜き、パナールロッドを外す。寝転んでると力が入らないね。

またティがストーキング中w



ブッシュ径より少々小さめのソケット·レンチを使ってブッシュを押し出す。



少しずつ少しずつ圧をかけてゆく。



バキン!という音とともに抜け始めた。

こんな感じ。もうちょいだ。


抜けた。ゴムはひび割れて縮んでいる。中央のカラーがやや緩く動く感じ。

新しいブッシュを圧入するにあたって、ちょいと悩んだ。今までのブッシュは外側がストレートな金属の筒になっているのだが、今度のは全体がウレタンで両端が段付きに広がっていて径がデカい。これ、穴に入るの??? 普通に圧をかけると全然入る気配もなく、ブッシュが潰れて横にずれてぶっ飛びそうだ。

無理っぽかったので、適当なボルトとワッシャを通してから圧をかけてゆく。もちろんグリスは塗ってあるよ。ある程度圧力が加わるとムニュッと入り始めた。やった!入るじゃん。


こんな感じ。

ふむ。


最後にカラーを圧入する。

できた♬


カラーが入ると多少ブッシュが外にはみ出てきたが、ま、いっか。




ディーラー用マニュアルは本当に役立つ。
ブッシュの締め付けトルクを確認してと。88Nm₍8.8㎏f·m₎とある。


トルク·レンチを88Nmにセット。



振り幅が足りないから、真下に潜って、ふん!っと、レンチを持ち上げて締め付ける。













ココが交換箇所。パナール·ロッドにはシャシー·ブラックを吹いてやった。



完成♬











順調にテスト飛行中。剛性が増して腰が強くなった感じだ。段差でも特に乱れはない。



大黒ひとりミーティング。月曜の夜なのでパーキングはガラガラだし。



テストの飛行距離が足りないのでしばらく様子見だ。たぶん治ったみたいな気がするw

一応お疲れ、俺!



念のため、ビルシュタインのステアリング·ダンパーに交換したいナ。考え中。





【追記】
別日に高速道路移動。軽井沢に行った時より全然安定しているのだが、80㎞/h超で荒れた路面を通過したらシミーがまた発生!また原因を探らねば... はぁ。

2013/10/15

クラシック·レンジローバー、無ければ作っちゃえ!


20数年も経つと部品の経年劣化が目立つ。人間もおんなじだけどw

こないだ工場から戻ってきた時、ボンネット·ランプの電源コネクターが外されてたので、繋ごうとボディ·カウル裏のスイッチ·コネクターを触ったら「バシュ!」と、何かが飛んだ。あちゃー!₍><₎ 

中をランプで照らして白いプラスチック·パーツと端子を拾う。それから床に這いつくばって小さなスプリングとネジを回収。参ったなぁ...  スイッチが壊れちゃった。

型番はPRC8548、Switch Courtesy Light ( Prc6970 )が正式名称。ネット検索して交換パーツを探したが、同じものが無い!仕方なく代用品を英国に発注。この黒いやつ。でも、やっぱりオリジナルと違うので納得がいかず、悶々と数日を過ごす。ある日、洗い場に転がってる部品掃除用の歯ブラシの首を見て閃いた!ここから削り出そう!歯ブラシの柄なら丈夫だし滑りも良さそうだ。でも、キレイにできるのかな...



実物のサイズと形状を参考に、ざっくりと素材を切り出す。ちまちまと削ってから耐水ペーパーで細部を整える。仕上げは液体コンパウンドで磨いたのがコレ。

壊れた原因は、細くなった端部が脆くなってコネクター端子を留めてる木ネジがぶっ飛んだンだ。



なんだなんだ、最初から作ればよかったじゃん(;-ω-)ノ

プラモデルやUコンやラジコンで培った技術はデカいw バルサ板とヒノキ棒と和紙があれば翼長1.8mくらいの飛行機は作れるよ。










よく見れば簡単な構造のスイッチ。これが各ドアにも使用されてる。

ボンネットのスイッチはココにある。



やっぱり純正じゃなくちゃ!

誰もわかんないけどさ...





ボンネットを開けると、このように点灯する。ウチのは最初から1灯だけど、オプションで逆サイドにもう1灯追加できる。そのうちやろうかな。
















2013/10/04

クラシック·レンジローバー、軽井沢へ


この前の日曜日、三芳PAに7:00集合。渋滞を避けて早めに出たので俺らしくなく6:30に到着。会社のスーパーカークラブの ツーリングだ。目的地は軽井沢。俺は代車のクラシック·レンジローバーで行ってきた。就役後、初の長距離飛行で修理結果のテストも兼ねている。














360チャレンジ·ストラダーレと964ターボの計3機で離陸。クラブで購入した無線機の感度は良好。



暫くして、俺から僚機へ戦線離脱のコールをした。当機は80㎞/hの巡航速度で行くことに。なぜかと言えば、レンジにまた違ったトラブルが発生したのだー!!! エンジン·ストールを1年がかりで修復したのに! 旧車乗りの修行だナ。それも禅問答のように次から次へと...ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧


集合地点に到達する前にそれは起きた。環八を北上している時、トンネル内下り坂で速度が乗った時にステアリングがブレだした。シミー現象だ。ドドドド、という感じで、フロント·ホイールが外れかけて暴れているかのようだ。ステアリングを握っていられないくらいの振動。慌ててブレーキをそっと入れて減速すると、すぐにそれは収束した。その後は何も無かったかのように安定している。関越に上がってからも、再びその現象が表れた。三芳PAに着いてからホイールのガタやアーム類をチェックするも問題なさそうだ。おかしい... 何が原因だろう。

3機で三芳を離陸してから、100㎞/hで飛行中に再び発症。これはマズイ。もっと速度を上げて160㎞/hでこの現象が起きたら横転しかねない。チンタラした速度でのツーリングは申し訳ないので先行してもらった。

ブッシュ? ステアリング·ダンパー? それともタイヤ? どういった時にそれは起きるのか。五感を研ぎ澄ませてそれが起きる状況を見ながら慎重に飛行する。あれ?そしたら僚機とはぐれちまった( ˘•ω•˘ )

軽井沢ってどこで降りるンだっけ??? 実はもう15年以上行ってない。上信越道、東北道、関越道の分岐でわからなくなった... それで昔のまんま関越道へ。ガーミンのカーナビを装備しているのだが、セーフ·モードになって操作できなくなっちゃったのだ。一度電源落とすとセーフ·モードになる。出発時に目的地を入力しておけば問題なかったンだよな。

途中で電話が来て愕然。次の渋川で地上に降りた。不調のうえにはぐれるなんて。泣きっ面に蜂ってこのことだ。参ったなぁ...

国道18号線で軽井沢へ向かう。上信越道が開通してしまったのですっかり寂れた街並み。でも、落ち着いていてイイ感じだけどね。
安中にある工場萌えには堪らない東邦亜鉛精錬所を左手に見ながら碓氷峠へ。バイパスではなく、敢えて懐かしい旧道を登ってゆく。高校時代はCB400Fで、大学時代はハコスカやフォード·フィエスタで来たっけなぁ。



すると、眼前に現れたのは旧信越本線の碓氷第三橋梁、通称メガネ橋だ。高校時代はなんてことなくバイクでかっ飛ばしていたのだが、今、こうして観ると大変素晴らしい建造物だ。明治25年₍1892年₎建造。もう121年も経ってるヨ!煉瓦が200万個使用されてる。駐機して登ってみたかったが時間がない。また今度だ。



1時間遅れで現着。追分にあるカフェGTだ。ごめーん、待たせたね。























生スパが売りのカフェだったのだが、今後は事情によりクロワッサンしか出せなくなったとのこと。でも、とっても旨い焼きたてのクロワッサンだったヨ。ちょっと焦げたけどw



















日向は暖かいが日陰はすでに肌寒い。軽井沢は小学生の頃毎年訪れていた。旧軽銀座の楽焼屋さんが大好きだった。憧れの地なので永住を考えたが、やっぱり寒がりの俺には無理。1年のうち9か月は暖房が必要で、真冬は暖房が無いと室内でも氷点下になるそうだ。マスターから物件情報をどっさり見せてもらってるところ。一応勉強勉強!

↓↓↓期せずしてサンコン。紺色が3台ってことw なんか上品な絵面だネ。




























360チャレンジ·ストラダーレは、フェラーリのワンメイクス·レースのチャレンジ·カップ用に開発されたレーシング·カーのロード·バージョン。内装も無く簡素な作りだがノーマルに比べて各部がスペシャライズされている。煩くて乗り心地は相当固いらしいがMにはタマランらしいw


帰りの渋滞を避けるために昼過ぎに軽井沢を発つ。何にも観てないしw そして上里SAで再び腹ごしらえ。うどん好きの俺は山菜きつねうどん、550円。やっぱりSAのうどんは旨いねー。


↓ 3車3様のフォルム。 ▲+■+● w

















それから適当に三々五々、解散だ。お疲れー。

1ナンバー中型車だからちょっと高くて土日割引もETC割引もナシの定価高速代(片道6,800円!)と、ハイオク燃料代合計で軽く2万円オーバー。それでクロワッサンとうどん食べただけ... うーん、ストイックw


練馬に近づいたら大渋滞だったので外環に迂回して中央環状新宿線へ。山手トンネル全線を通過したのは初めて。山手通り付近で育ったのでなんか変な気分。


















ステアリングが急激にガタガタするこの症状。実は昨年の当基地就役2か月後くらいにも発症していた。この時も何が何だかわからなかったが治まってしまったので忘れていた。今回は都合10回ほど発症した。あまりにも危険なので原因究明して直さねば。発症時の状況をよく観察すると、70~80㎞/h以上で段差や荒れを通過したことをきっかけに起きる。段差などを通過した時の揺れが収まらずにどんどん増幅していく感じなのだ。足回りは俺は知識が乏しいので、当基地至近のタイヤ館宮前店に寄って診てもらった。コブラのホイール·バランスなんかもココでお願いしてたから。T店長に試乗してもらって下回りを調べてもらったが原因不明。タイヤが原因ではないとのこと。タイヤだったらいつでもその症状が出てるはずだって。そうだよね... 丁寧に診てくれてさんくす!


帰投後、インターネットで調べまくった。そして原因を特定した!早っ!ホントにこれが原因? 同じような体験をしたクラシック·レンジローバーのオーナーのブログで確信した。シミーはパナール·ロッドのブッシュが劣化すると発生するそうだ。パナール·ロッドを握って揺らしてもびくともしないから見落としやすいらしい。さらにタイヤの空気圧を高めに設定した時は一層その症状が起きやすくなる、か。なるほどねー。前々オーナーのAUTO CARの編集長は神経質なくらいきっちり整備してたし、前オーナーも、ショック、ブッシュ類、ブレーキなど一通りオーバーホールしてるので新車の乗り心地なんだけど、整備記録や部品の領収書をみてもパナール·ロッドのブッシュ交換履歴はなかった。現在、英国からのパーツ待ち。もう何度目の今度こそ!